家電やパソコンのリサイクル・処分方法を紹介!

- パソコンリサイクル法とは何か?

パソコンリサイクル法とは何か?

2001年4月には家電製品4品目について家電リサイクル法が制定され、さらにそのパソコン版に当たるパソコンリサイクル法が2003年10月に制定されました。
これは家庭用のパソコンやディスプレイを回収して再び再利用につなげられるように、きっちりとリサイクルを行うことをメーカーに義務付けています。
ここではパソコンリサイクル法とはどういうものかについて紹介していきます。

パソコンリサイクル法の対象品目は

パソコンリサイクル法の対象品目はパソコン本体やディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンになります。
パソコンにはそのほかにも周辺機器としてキーボードやマウス、USBメモリ、スキャナ、プリンターなどたくさんありますが、これらのものについてはパソコンリサイクル法の対象品目から外れています。
そのため、これらの周辺機器については粗大ごみもしくは不燃ごみとして処分することになります。


どうやって処分するのか?

パソコンリサイクル法の対象品目に関しては、自治体の粗大ごみ・不燃ごとして出すことができません。
それではどうやって処分するのかというと4つの方法があります。
1つ目はパソコンメーカーに回収を依頼する方法です。
2つ目は買い替える時に古いパソコンを回収してもらう方法です。
3つ目はリサイクルショップやパソコンショップに出す方法です。
4つ目は不用品回収の業者に出す方法です。
どの方法にしてもパソコンに残っているデータをどうするのかについては気にしておいたほうがいいです。
データが残っていれば個人情報を悪用する輩もいますので、それを消去するというのはとても大切です。
こういうところに依頼する際にデータのことについて尋ねてみるのもいいでしょう。

パソコンは気軽に捨てることができない

パソコンを不用品回収する際に注意するべきことが多いです。
依頼する前に不用品回収相場を調べておくと良いでしょう。
その中でもデータの扱いについては最新の注意を払う必要が出てきます。
面倒なことが多いかもしれませんが、リサイクルを図る上で大切なことです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

記事一覧

△PAGE TOP