ディスプレイの処理方法

- ディスプレイの処理方法

ディスプレイの処理方法

ディスプレイの場合もパソコンリサイクル法の対象になっていますので、自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうことはできないです。
ディスプレイだけを新しいものと古いものを取り替えたい場合、古いものを粗大ごみとしてどうやって処分するのか気になるところです。


ディスプレイの種類

パソコンに使用されているディスプレイは従来のブラウン管を利用したCRTディスプレイと液晶ディスプレイの大きく分けて2種類があります。
現在出荷しているディスプレイは液晶ディスプレイが主流です。
不用品回収の現場ではCRTディスプレイの回収台数が多いです。
ディスプレイはただ映像を表示するための装置ですので、いわばテレビと同じようなものです。
ディスプレイにはデータがありませんので、データを消去する必要は一切ありません。

ディスプレイの処分方法

ディスプレイの価値があるものについてはリサイクルショップやネットオークションに出すことで買い取ってもらうことが可能でしょう。
しかし、価値が無いものについては不用品回収の業者に引き取ってもらうという方法があります。
有料で引き取ってもらうのであれば、液晶・CRT共に1,000円から3,000円程度が相場になっています。
古いディスプレイを処分するとなると、自治体で引き取ってもらえませんので、業者に引き取ってもらう必要が出てきます。
パソコンリサイクル法の対象ですのできちんと処分することが求められます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

記事一覧

△PAGE TOP