キーボードの処理方法

- キーボードの処理方法

キーボードの処理方法

パソコン本体やディスプレイに関してはパソコンリサイクル法によって、自治体で処分してくれなくなりました。
それでは、パソコンの周辺機器に当たるキーボードなどのようにそれほど大きくないものに関してはどうやって処理していけばいいのでしょうか。

自治体によって処理方法が違う

キーボードを処分するという場合は一般的に不燃ごみになりますが、場合によっては粗大ごみになる場合もあります。
各々の自治体ではどのゴミをどういう処分をするのかというのが決まっていますので、それに従うことが大切です。
ゴミとして処分するのであれば、あらかじめどういう扱いになるのかを事前に確認しておき、ルール違反にならないように努めます。
不燃ごみとして扱われるのであれば、無料で自治体が処理してくれます。
それに対して、粗大ごみとして扱われるのであれば、有料で自治体が処理してくれます。
後者の方がはるかにお金と手間がかかります。


不用品回収に出すなら他の不用品と一緒に出すのがいい

粗大ごみとして扱われるのであれば、別の方法としてキーボードを不用品回収業者に出すという方法もあります。
他には、こちらを(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/965931.html)参考にすると良いかもしれません。
この時にパソコン関係や家具、家電製品などの不用品回収も一緒にお願いすると、一気に部屋が片付くことになるでしょう。
キーボードのようなそれほど大きくない周辺機器の場合は自治体によって処理方法が違うので、まずはそれを確認するべきです。
その上で不用品回収業者に出す場合は、他の不用品と一緒に出したほうがいいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

記事一覧

△PAGE TOP