パソコン本体の処理方法

- パソコン本体の処理方法

パソコン本体の処理方法

パソコン本体に関してはメーカーによる自主回収やリサイクルが義務付けられていますので、自治体による粗大ごみの回収はできないです。
そのため、不用品回収として出す場合には多少手間がかかってきますので、この記事を読んだうえで十分に気をつけてほしいものです。


ハードディスクにデータが残る点に注意する

パソコンが壊れたから不用品として破棄する場合に、注意するべきことがあります。
それはたとえ壊れていたとしても内蔵されているハードディスクにデータが残っている点です。
データをゴミ箱に捨てたとしても場合により復元することができたりしますので、データが完全に消去できたかどうかは不安を感じるポイントです。

PCリサイクルマーク付きのパソコンは無料引取りができる

最近のパソコンではPCリサイクルマークがついていることがあります。
これはあらかじめリサイクル費用が含まれていますので、そのマークがついていて粗大ごみとして回収をお願いしたい場合は、メーカーに無料で引き取りができます。
しかし、有償での配送になりますし、データの消去を自分たちでやる必要が出てきます。
PCリサイクルマークがついていないパソコンの場合は、メーカーに回収をお願いする時にも税抜き3,000円から4,000円程度のリサイクル料金を支払う必要があります。
パソコン本体が壊れたから不用品回収してほしいという場合には、データの取り扱いと共にPCリサイクルマークの有無に注目しておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

記事一覧

△PAGE TOP